あえてクレジットカード現金化する

あえてクレジットカード現金化するは、クレジットカード現金化を周到に分かることが可能なサイトです。クレジットカード現金化に関係した疑問に思っていることがスカッと解決することが可となっています! - クレジットカード現金化はカード会社に発覚する事がある!

あえてクレジットカード現金化する

クレジットカード現金化はカード会社に発覚する事がある!

クレジットカード現金化業者を使っていると、カード会社から電話がかかってくる事があります。何故発覚するのかと、その対処方法についてお答えします。

カード会社がショップをマークする

カード会社は大勢の顧客と利用履歴を抱えており、不正利用がないか目を光らせているため貴方1人の利用履歴をジッと見ているわけではありません。なら何故発覚してしまうのかというと、クレジットカード現金化業者にキチンとした営業実態がない事を見破られ、業者がマークされてから発覚してしまうのです。
通常、クレジットカードで決済を行えるようになるのは、ネットショップを立ち上げ、クレジットカード会社各社に会員の申請を行います。このネットショップ会社が立ち上げたばかりなのに高価格のものばかり決済されていたり、運営実態がハッキリしていなかったりするとマークされ、最終的にはクレジットカード会社が業者を摘発し、利用者にも現金化を目的とした取引でなかったかの確認の電話が行く事になります。

対処方法

現金化していたかの確認電話が来て、仮に現金化を認めても法律で捕まるという事はありません。ただし、カード会社の規定により、現金化を行ったクレジットカードは停止されてしまいます。新しいカードを作る手間を省くために、クレジットカード会社から電話が来ても、聡明な皆さんは必ず『現金化していない。その商品は欲しかったんだ』と、商品は自宅にあるのかと聞かれれば『友人の贈呈用で既にない』と言い切って下さい。自白という証拠が無ければ、カード会社はどうする事も出来ません。
また、前項の様に立ち上げたばかりの業者ですと、他にショップの運営実態が無く業者である事がバレやすいので、普段から老舗の業者を選択する様にしましょう。老舗の業者はその辺りがうまく、別のキチンとした実態のあるネットショップも運営しているため、カード会社にわからない様配慮して発覚の危険性がありません。

発覚する事があるまとめ

カード会社が現金化を見破り、業者の処分から発覚する事はあります。普段から安全性の高い老舗の業者を選択する様にしましょう。また、業者が摘発された場合も慌てず、現金化を目的としていないとシラを突き通す様にすれば、特に問題はありませんので慌てず対処する様にしましょう。

あえてのクレジットカード現金化!賢い人はもう使っている

総量規制が施行されて以来現金化を利用する人がぐっと増えましたね。現金化業者自体は総量規制以前から存在していましたが、当時は消費者金融などでお金を借り入れるのが今ほど難しくなかったため、クレジットカードのショッピング枠を使って資金調達しようとする人が少なかったのです。

また昔は直接店舗まで足を運ばないと現金化が出来なかったのも伸び悩んだ要因の1つです。今ではオンラインで手続きが完結するようになり携帯またはスマホと免許証さえあれび簡単に利用出来るようになりました。

しかしながらお金が関係する取引事には必ずと言っていい程審査がついてまわり、そのためには必要書類を準備なくてはならず仕事や育児の合間にこなすのは大変です。しかも契約するには取引先まで出向かなくてはならず、審査が通る保証はない、もしお金を準備出来なかった場合は無駄な時間と労力を費やしてしまうことになります。

ここで登場するのごクレジット現金化でショッピング枠の残高があれば、職業、年齢、性別、年収に関わらずいつでも誰でも利用可能です。現金化は審査・来店不要で資金調達が出来るため専業主婦やフリーターなどの収入が無かったり不安定な人は消費者金融ではなくあえて現金化を選択するのも賢い選択だと考えられますね。

クレジットカード現金化は理解出来れば健全。1から理解するクレジットカード現金化

クレジットカード現金化というと、何となく怪しいというイメージを持ったりしていませんでしょうか。かくゆう私もそうでした。しかしクレジットカード現金化は1からキチンと理解すれば健全であり、コストも安いと理解する事が出来ます。

クレジットカード現金化が違法だろうと思っているようでしたら、それはハッキリと間違いです。まずクレジットカードで購入した商品を売却する事を制限できる法律は存在しません。
無理やり違法行為である事を言いたいクレジットカード会社の説明で、
・クレジットカードはカード会社のもので利用者はカードを貸与されているだけ
・利用規約に違反した現金化を行う事を目的にカード会社からカードを騙し取っているので詐欺罪が成立する
という説明を書いてる会社が見受けられますが、最初の貸与の際に最初から現金化以外しないつもりだったので無ければ詐欺罪は成立しません。
あくまでクレジットカード会社が作った規約に違反しているだけで、何かの罪に問われる心配は無いでしょう。

クレジットカードのコストが高いというのもキチンとした理解が出来れば間違いであるとわかります。

・クレジットカード現金化の際の間引きコストは商品代金の15%位
・分割、リボ払いを利用して支払期間が数年間と長期化すれば、コストは分散される
・クレジットカードの分割、リボ払い手数料は12.5?15%位(消費者金融は18%)の設定が多いので支払期間の長期化すれば金利差から総支払額で逆転現象が起こる
・クレジットカードを使用した際に貰えるポイント、リボ払いのポイントを利回りに加味すると、更に逆転現象が早まる
という事がわかります。

1からキチンとした理解が出来ればクレジットカード現金化は健全でかつコスト面も高いという事は全く無いという事がわかります。更に融資までの実行スピードは早く、審査も不要といったメリットしかありません。クレジットカード現金化の秘めたる力を1からキチンと理解して困った時は是非利用してみて下さい。

自己破産を考える、そんな時はあえてクレジットカード現金化する

ここをご覧になっている人の中には自己破産をお考えの人もいるかと思います。借金に喘いでいるそんな時はあえてクレジットカード現金化を行うことを経験上お勧めします。というのも、現在の世の中では自己破産を行うにはクレジットカード現金化が切っても切れない関係になっている為です。

自己破産を行う為には裁判所から、借金が返せないとする免責が必ず必要になります。裁判所が免責を認める借金の量というのは特段決まりはありませんが、5年間の元利均等返済で計算し直した返済額を年収で除した数字である返済率が大体40%以上必要とされています。これ以下だと弁護士は自己破産を行わず、任意整理で処理を行おうとします。自己破産の乱発はモラルハザードを引き起こしますので、弁護士も裁判所も返せる状態であるなら行わないというのが普通なのです。

ではどの位借金を抱える必要があるのかというと、年収300万円の人で逆算して計算すると380万円程の借金を抱える必要があります。しかしながら、これは現代の世の中では無理なことです。年収300万円の人が銀行カードローンに申し込んでも限度額は100万円が関の山ですし、追加で消費者金融に申し込んでも良くて50万円、最大でも総量規制の影響で100万円位しか借りられません。これでは到底裁判所の免責は認められません。事実、個人の自己破産件数はピーク時から4分の1に減少しています。

そこでもし仮に借金が返せない、自己破産をしたいというのであれば、ここではあえてクレジットカード現金化を行う必要があります。クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠さえあれば使うことが出来ますし、クレジットカード会社の審査は消費者金融よりも緩い為、免責をする為に充分な金額を借りる事が出来ます。闇金の様に暴力沙汰や犯罪行為に巻き込まれないのもクレジットカード現金化の利点です。

自己破産を行わず、任意整理での返済は辛く厳しいものです。任意整理でのデメリットは自己破産と殆ど同じ数だけあり、メリットは殆どありません。自己破産を考えている人はあえてクレジットカード現金化を行う事が有効であると是非頭に入れておいてください。

クレジットカード現金化で実店舗へ来店の場合とネット取引との違いとは?

クレジットカード現金化のサービスを利用する場合、ネットショップを利用するケースと実店舗に来店して利用するケースがあります。では、ネットを利用した場合と、実店舗利用の場合で何か違いがあるのでしょうか。この点について以下で解説していきます。

ネットショップと実店舗との違いとは?

クレジットカード現金化の業者はネット上で営業している場合が非常に多いですが、実店舗で営業している業者もあります。そして、この両者には営業のスタイルでいくつかの相違点があります。まず第一に、ネット上の現金化業者の場合、必要とされる身分証明書が顔写真付きのものでないと認めないところが多いです。しかし、実店舗の現金化業者の場合、来店した利用者と対面で取引するのですでに顔を見ています。そのため、顔写真付きの証明書でなくてもOKの業者もあります。第二に、店舗では手続きが終了するとその場で現金が受け取れます。ネット業者の振込の場合だと、本当に振り込まれるか心配になることもありますが実店舗ではそういう心配はありません。

実店舗での現金化の流れと必要なもの

では、クレジットカード現金化を実店舗で行う場合の手続きはどのようなものになっているかというと、次のような流れになります。まず、お店に来店して、自分の希望額を告げて身分証明書を提示します。次に、お店の方から商品券、チケット類や指定の商品などをクレジットカードを使って買うように指示がありますのでその通りにします。指定の商品の購入にあたっての支払いはリボ払いや分割払いでもOKです。買い物ができたら、その商品をショップが買い取ってくれてその分の現金を受け取ることができます。この取引に審査などは一切ありません。

クレジットカード現金化を1から理解してみよう!

クレジット現金化サービスが何故24時間受付可能としているか1から理解してみませんか?私たちの暮らしに身近な金融機関として、
・信用金庫
・地方銀行
・信用組合
・都市銀行
・農業協同組合
などがあり受付時間は午前9時から午後3時と決まっています。

主に現金の出し入れや送金に使われますがこの営業時間内でしか利用出来ないため、時間外の取引に関しては翌営業日扱いとなっていました。よってクレジットカード現金化の即日振込も営業時間内で決済・振り込みを完了させるのが昔の流れでした。

しかし近年急成長を遂げたネットバンクによって即日振込はより利便なものへと変わったのです。よく現金化業者の売り文句として「24時間即日振込可能!」が謳われていますが、これを実現するには前述したネットバンクの口座が欠かせません。

ネットバンクとはゆうちょ銀行を除く金融機関が通常設けている窓口やATMを持たずにオンライン上で全ての取引が可能な銀行です。ネットバンクには窓口が無いという特性があるため営業時間に縛られずいつでも金融取引が行えます。

そのため現金化業者がホームぺーずに記載しているネットバンクの口座がある、たったそれだけで24時間いつでもその日の内に現金が振り込まれるのです。
現金化で利用されているネットバンクとして、
・楽天銀行
・ゆうちょ銀行
・ジャパンネット銀行
が挙げられ現在はこの3つに絞っている業者がほとんどです。ですが今後クレジットカード現金化が更に普及する事によってセブン銀行、じぶん銀行などのネットバンクも参入するようになる未来もそう遠くないのかもしれませんね。

お金にそこまで困っていないのにあえてクレジットカード現金化する人達

宏彰さん
都内で会社員をしている25歳の男性です。引っ越しをするに伴って、不要や家財道具をリサイクルショップに処分したのですが、それでも引っ越し費用が足りないので、クレジットカードの現金化の業者を利用しました。わずかな金額しか利用しませんでしたが、快く対応してもらったので感謝しています。

尚弥さん
34歳の会社員です。急きょ、翌日にお金が必要になったため、こちらの業者に電話をしてすぐに振り込んでもらえるのか確認をしました。すると、今ならすぐに振り込めると答えてくれたので、こちらもすぐに申し込みをしました。その言葉通り、すぐに振り込んでくれて翌日に間に合いました。

智明さん
42歳の会社員です。去年、妻とは離婚して子供に養育費を支払っています。約束をしたので養育費を払うようにしているのですが、足りないときがあるので、一時的にでもどうにかならないかと思案をしていたら、クレジットカードの現金化の存在を知りました。本当に数万円からでも利用可能ということなので、さっそく利用しました。足りないときはまた利用したいと思います。

サイトマップ

更新情報

[2017-04-04]
リンク集を新規投稿しました。
[2017-04-04]
クレジットカード現金化はカード会社に発覚する事がある!の情報を更新しました。
[2016-12-29]
クレジットカード現金化における危険にはどのようなものがあるの?を新規投稿しました。
[2016-11-30]
クレジットカード現金化した後に債務整理できますか?を新規投稿しました。
[2016-11-30]
クレジットカード現金化の歴史はどうなっていますか?を新規投稿しました。
ページ上に戻る