クレジットカード現金化した後に債務整理できますか?

あえてクレジットカード現金化するは、クレジットカード現金化を周到に分かることが可能なサイトです。クレジットカード現金化に関係した疑問に思っていることがスカッと解決することが可となっています! - クレジットカード現金化した後に債務整理できますか?

あえてクレジットカード現金化する

クレジットカード現金化した後に債務整理できますか?

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などがあります。
借金の返済が困難になってもこれらの債務整理で解決することが可能です。
しかしクレジットカード現金化した後の債務整理は難しいのが現状です。

任意整理ではカード会社が応じてくれないことが

任意整理では裁判所を通さずに債権者と交渉を行うことが必要です。
クレジットカード現金化したときの債権者はカード会社となります。
カード会社では事前に会員規約でクレジットカード現金化を禁止しており、もし借金の原因がクレジットカード現金化だと分かると交渉が難しくなることがありました。
カード会社が任意整理に応じてくれないと債務整理ができないのです。
クレジットカード現金化がカード会社に知られていない場合は任意整理できる可能性があります。
しかし手続きが始まればカード会社がなぜ支払できなくなったのか調べる可能性大です。
この時にクレジットカード現金化が分かると難しいでしょう。

自己破産でも個人再生でも難しい

自己破産には免責不許可事由と言うものがあります。
いろいろな項目がありますがこの中にクレジットカード現金化が含まれています。
そのため自己破産したくても難しいです。
個人再生には免責不許可事由は無いものの、多額な借金の債務整理に向いているため比較的少額な借金の場合はできない可能性があります。
個人再生の最低弁済額は100万円未満の借金の場合、借金全額です。
つまり借金が減らないために手続きしても意味が無いのです。
100万円から500万円までの借金でも最低弁済額は100万円です。
借金が減っても100万円は最低でも弁済しないといけないため、残債の返済が厳しい場合は債務整理し切れないことがあります。

弁護士に相談

カード会社への支払いに困ったときは弁護士に相談してみて下さい。
弁護士は借金問題にも強いため、何らかの解決策が見つかることがあります。
借金の法律相談は30分につき5000円、中には初回無料や何度でも無料で法律相談できる弁護士事務所もあります。

1から理解するクレジットカード現金化TOPへ

ページ上に戻る