クレジットカード現金化の歴史はどうなっていますか?

あえてクレジットカード現金化するは、クレジットカード現金化を周到に分かることが可能なサイトです。クレジットカード現金化に関係した疑問に思っていることがスカッと解決することが可となっています! - クレジットカード現金化の歴史はどうなっていますか?

あえてクレジットカード現金化する

クレジットカード現金化の歴史はどうなっていますか?

日本では1960年代にクレジットカードが登場し、その後1990年代になりクレジットカード現金化業者が登場したと言われています。
現金化業者が登場する前から、現金化目的でクレジットカードを利用する会員が一部見られた可能性があります。
その後インターネットやパソコンの普及とともにホームページで申込できる現金化業者が増えてきました。

改正貸金業法の施行で需要が高まった

改正貸金業法が2010年6月に完全施行されました。
これにより貸金業者からの借入総額は年収3分の1までと決定しました。
他社借入額が多く、年収の少ない人は貸金業者からの新規借入が難しくなったのです。
そのため審査なしで利用できる現金化業者の需要が高まりました。
クレジットカード現金化の言葉が一般に広く周知され出したのもこの頃です。
現金化業者が増えるととともに悪質な業者も増えてきました。
ホームページの換金率と実際の振込金額が合わない、振込されない、後から高額な手数料がかかる、カード情報や個人情報を漏えいさせると言った悪質な手口が見られ出したのです。

取り締まり強化へ

そこで近頃では現金化業者への取り締まりが強化されました。
現金化業者にはキャッシュバック方式と買取方式と2つの方式があります。
2011年にはキャッシュバック方式の現金化業者が出資法違反で逮捕され、懲役3年執行猶予5年の判決が出ています。
カード会社も規約でクレジットカード現金化を禁止するようになり、もし明らかにクレジットカード現金化と分かった場合は強制退会や一括請求と言ったペナルティーが科せられるようになったのです。
これからさらに厳しくなることが予測されています。

クレジットカード現金化業者が減ってきた

カード会社の規約などで一般の方にもクレジットカード現金化業者を利用すると危険があると周知されるようになり、需要が減ってきました。
需要の減りとともにクレジットカード現金化業者も減ってきています。
顧客が逮捕された事例は見られないものの、手を出さないほうが良いでしょう。

1から理解するクレジットカード現金化TOPへ

ページ上に戻る